応援メッセージを読む

海草や海藻は生長する際に、海の中で二酸化炭素を吸収します。この海洋生態系に蓄積される炭素が「ブルーカーボン」です。ブルーカーボン.jpは、温暖化対策や海の生態系に関心を寄せる皆さま、藻場再生などに取り組もうとする皆さまとともに、学びとつながりの場を創ります。


Blue Carbon
Network

ブルーカーボン・ネットワーク

関心をお持ちの方々や、全国各地でブルーカーボンの取り組みを実践されているプレーヤーとその活動内容、さまざまな技術、制度等の情報をつなぐプラットフォームとネットワークの構築をめざして、ブルーカーボン・ネットワークが始動します!

1.ブルーカーボン・ネットワークの構築
2.次世代へ豊かな海をつなぐ取り組み
3.情報発信・情報共有の場づくり
4.シンポジウム・セミナー、現地見学会の開催

を進めてまいります。ぜひご一緒に!

About Us

私たちについて

こんにちは、未来創造部(代表:環境ジャーナリスト・枝廣淳子)です。私たちは熱海の海域で、漁業組合や行政の許可を得て、藻場の再生・ブルーカーボンの取り組みを進めています。日々、手探りでプロジェクトを進めていく中で、同様の取り組みをしている方々とのつながりが本当にありがたく、同じように、仲間や情報を必要とする皆さまとともに、「ブルーカーボン・ネットワーク」を立ち上げることといたしました。

現時点で、「ブルーカーボン」について知っている人々はあまり多くないかもしれません。一方、温暖化の被害に心を痛めたり、何とかしなくては、と思っている人は増えています。ウェブサイトでの情報発信や、シンポジウム・セミナー、見学会、次世代への環境教育などを通じて、藻場の大切さやブルーカーボンについての理解をひとりでも多くの方々に持っていただけるようにしていきたいと考えています。

応援メッセージ

デニス・L・メドウズ

Dennis Meadows

Even though I spent my life building theoretical computer models to study long-term global problems, I have always known that the the solutions we need are short-term and local. Nothing is a better example than efforts to restore the sea grasses, which are one of the most neglected ecosystems, while being also among the most productive in the world. Japan is a country linked to the sea and it is great news that the Blue Carbon Network will start work to rebuild the foundations of that heritage.

小林武史さん

ap bank

海とのサステナブルな繋がりは、僕たちが好奇心を持っていろんなことに取り組んでいくことが大切です。しかも食とCO2削減という2つの問題を結びつけた優れたプロジェクト。ぜひ応援していきたいと思います。

角和浩幸

美瑛町長

「丘のまち」美瑛町は、北海道の真ん中にあります。ここから石狩川水系をたどると約180キロで日本海に到達します。長い距離に感じますが、サクラマスが遡上するなど美瑛の山と海は一本の川でつながっています。森と海は一体です。美瑛町の政策をご指導いただいている枝廣淳子先生が進めるブルーカーボンネットワークを応援しています。

片山健也

ニセコ町長

素晴らしい挑戦を北の国から応援しています!

桑江朝比呂さん

国立研究開発法人 海上・港湾・航空技術研究所 港湾空港技術研究所 沿岸環境研究グループ長 / 国土交通大臣認可法人 ジャパンブルーエコノミー技術研究組合(JBE)理事長

ブルーカーボン・ネットワーク設立まことにおめでとうございます.ネットゼロというゲームチェンジが起きた現在,ブルーカーボンをはじめとするCO2吸収源は社会に不可欠なものとなりました.ブルーカーボンによる吸収源を何倍にも増やしていくためには,ネットワーク化が必要です!

茂木健一郎さん

脳科学者

地球の生態系の奥深い強靭さを象徴するブルーカーボンについての理解が進み、私たちがさらに賢く持続可能な共生を実現できるために、この運動が広まりますように!

山本良一さん

東京大学名誉教授

カーボンニュートラルからカーボンネットネガティブへ、ブルーカーボンを活用しよう。

金井慎一郎さん

熱海市 副市長

3次元の環境による生産性が高いメリット多数のプロジェクト。環境分野の切り札として今後のさらなる普及を期待しております。熱海市も頑張ります!

鈴木悌介

株式会社鈴廣蒲鉾本店代表取締役・小田原箱根商工会議所会頭・一般社団法人エネルギーから経済を考える経営者ネットワーク会議代表理事

かまぼこづくりに欠かせない魚も木も水もすべて自然のつながりの賜物です。その源である海を元気にするブルーカーボンネットワークの取り組みに敬意と賛同を表します。
巡り巡って、持続可能な地域の暮らしの血流である持続可能な地域の経済にとっても大切なことです。
ぜひ、ご一緒させてください。

福島由美さん

CLUB SDGs、会議通訳

海はあらゆる生命の源。海の自然・生態系の保護も温暖化対策も、地球のすべての命にとって、今急務だと思っています。そのために協力し、学び、変化を起こし、新しい人間の文化・文明ができあがれば良いなと思います。そのためのアクセスを作ってくださったことを心から感謝します。